今晩の献立に甘酢はいかが?甘酢を使った自宅で簡単にできるおかず5選

甘酢は様々な料理で使用され子どもから大人までとても美味しく料理をいただくための調味料の一つです。甘酢(南蛮酢)は料理を作るにあたって用途は様々でとても便利です。甘酢の甘さが数々の料理の美味しさを引き出し、それが甘酢の人気の理由でもあると言えます。しかし、ちょうど甘酢を使って料理の献立のお悩みの奥さんも少なくはないのでしょうか。甘酢は簡単に作れるものなので今回はそういった方々に向けて甘酢で作れるレシピをご紹介したいと思います。

1.甘酢とは

そもそも甘酢とは合わせ調味料の一つのことで、南蛮漬けなどに使われます。中華料理などで見受けられるとろみがついたものは「甘酢あん」と呼ばれ甘酢に一手間加えて使用されます。野菜や魚介類などに甘酢を漬けたものを「甘酢漬け」と呼びます。

1-1.甘酢の一般的な作り方

甘酢の一般的な作り方は酢・醤油・砂糖で主に作られます。砂糖と醤油を鍋に入れじっくり弱火で温めていき、砂糖が溶けるぐらいまで煮込んでいきます。そして、火を止めてから粗熱がなくなるまで寝かせた後に酢を加えて完成となります。これが一般的な作り方になります。火を使うのが少し面倒だなと思うときは電子レンジで温めても作ることができます。使う砂糖や醤油などの細かい種類や分量によっては出来上がった甘酢の味は変わりますが、お好みの味を見つけるためにぜひいろいろと試してみてはどうでしょう。

1-2.甘酢に代用可能なもの

甘酢を作るに醤油と酢の代替としてポン酢を使うことでも甘酢を作ることができます。ポン酢と砂糖を混ぜるだけで少し変わった味になるので醤油が少し苦手だなと感じる人でも美味しくいただくことができます。また、甘酢に片栗粉を加えて温めると少しとろみが出てあんかけのようなまた違った味になるので、甘酢はいろいろな料理に使用することができます。

2.甘酢を使ってできる料理まとめ

2-1.酢豚

甘酢を使ってできる料理の一つとして挙げられるのが「酢豚」となります。酢豚は甘酢を使用してより美味しい仕上がりになります。甘酢の甘みがお肉の味と絡みあってだれにでも受け入れられる味わいになります。砂糖の量を多くしてみたりして味の調整をして少し甘めの仕上がりにしたときはお子様にも喜ばれる出来になるので工夫次第でいろいろな味にも変えることができるのでオススメです。

2-2.天津飯

中華料理の一つとして有名な天津飯は甘酢に片栗粉を入れてとろみをつけることによりさらに美味しくなります。天津飯は中華料理屋のお店でよく見られる料理ですが、自宅でも簡単に作ることができ、コスパもいいため主婦の方々にはとてもオススメです。具材もカニを入れてカニ玉にしてもよし、エビを入れて本格的な天津飯にしてもよしでバリエーションは様々です。

2-3.らっきょう漬け

らっきょう漬けは塩漬けやお酒に漬けて酒漬けなどにしても召し上がることはできますが、甘酢で漬けても美味しくいただくことができます。作るのには最低3日ほどかかり、少しだけ作るのには時間がかかります。しかし、らっきょう漬けは献立の一つとしてみんなで美味しく食べることができ、腸内環境にらっきょうはとても良いのでダイエットなどの最中にらっきょう漬けを食べることは体にも効能があります。

2-4.ニラ玉

ニラ玉はそのままで食べても美味しくいただくことができますが、甘酢を加えて食べることにより一気にお店で食べられるニラ玉に早変わりします。とろみのある甘酢でいただくことにより、ニラ玉の味をさらに美味しくいただくことができます。甘酢の甘さが卵で閉じたニラに広がり口に入れると甘酢の味わいとニラ玉がベストマッチするのでお試しください。

2-5.チキン南蛮

甘酢の代表ともとれる料理はやはりチキン南蛮ではないでしょうか。チキン南蛮は甘酢の甘さが鶏もも肉の揚げどりの旨味と絡みあい、大変美味しくいただけます。また、タルタルソースと一緒に食べると味の変化も楽しみながら食べられるので、ぜひご家庭でお試しください。昨日の唐揚げが少し余ってしまった際にも応用が効くので、とても便利でお子様にも喜ばれる料理です。

3.まとめ

いかがだったでしょうか。今晩のおかずは決まりましたでしょうか。甘酢はこれ以外にも多種多様な料理に使用されるのでこれ以外の料理も探して診てはどうでしょうか。今回の記事がみなさんの献立の参考になりましたら幸いです。うどん屋「米ちゃん」では厳選された素材で、16種類の調味料から作られた甘酢(南蛮酢)を使用したチキン南蛮をご提供しています。チキン南蛮だけではなく、福岡名物「福岡うどん」もご賞味いただくことができるので、気軽にご来訪ください。通販での販売も始めておりますが、大変人気商品のためご購入をお考えになった方はぜひお早めにお願いいたします。