【自宅で簡単】子どもに喜ばれる美味しいチキン南蛮の作り方

チキン南蛮はお子さんにも愛されるおかずの一つとしてずっと親しまれており、多くの人が好きな料理ですが、チキン南蛮を美味しく作るためにはしっかりとした手順を踏むことでみんなに美味しいと言ってもらえるチキン南蛮を作ることができます。しかし、バハマ ろうりがあまり得意でない方はどうやって作って言ったらいいかわからないとお悩みでしょう。そういった方々に向けて今回は、周りにいる人たちや子どもから美味い!と言ってもらえるようなチキン南蛮の作り方をご紹介してきたいと思います。

1.そもそもチキン南蛮って?

チキン南蛮は揚げた鶏肉を甘酢のタレを漬けてタルタルソースをかけた鳥料理のことで一般的に知られています。タルタルソースなしで甘酢のたれだけで食べるものでもチキン南蛮と呼ばれます。チキン南蛮は家庭でも手軽に作ることができるため、大人から子どもまでポピュラーな料理となっています。

1-1.発祥地

チキン南蛮お発祥地は宮崎県の料理店で働いていた二人の料理人から生まれたと言われています。そこで賄いとして出された料理が鳥のむね肉に衣を付けて揚げて甘酢で漬けたものが始まりであると言われています。そいてその二人がお互いに独立しそれぞれの店を出しその賄い料理にアレンジを加えてメニューとして料理を提供したのが「チキン南蛮」が広まるきっかけであったと言われています。今現在では日本全国のレストランや、コンビニの惣菜やお弁当などにも広まってきており、お馴染みの料理として人気を博しています。

1-2.チキン南蛮の意味

チキン南蛮の”南蛮”には16世紀頃の日本ではポルトガルやスペイン人を指す言葉として使われていました。日本の歴史ではこの時代、南蛮貿易をして違う国の人と関わる機会があり、そこから新しい料理や調理方法などが伝わる中、その技術なども”南蛮”と呼ばれていました。宮崎発祥のチキン南蛮は南蛮から用いられた調理方法の甘酢を使用したことにより、チキン南蛮の由来になったということです。
他の料理に見られるカレー南蛮などもこれらの経緯が由来してそう呼ばれるようになりました。

2.美味しいチキン南蛮の作り方

では美味い!と言ってもらえるための美味しくチキン南蛮を作る方法をご紹介していきたいと思います。

2-1.材料を準備する

チキン南蛮を作るにあたって、材料をしっかりと準備します。その際ある程度こだわりを入れてみるのも美味しく作る秘訣です。

  • 鶏もも肉
  • 小麦粉
  • 砂糖
  • タルタルソース

を主な材料としてチキン南蛮を作ることができます。鶏肉は一口でもそのままの大きさでもあとで切ることができるので大きさはある程度でも大丈夫です。

2-2.甘酢に醤油を入れると味に深みが出る

チキン南蛮の甘酢である”南蛮酢”は酢と砂糖で和えることで美味しく手軽に作ることができますが、そこに少量の醤油を入れることでさらに味に深みを出すことができます。味は自分が好みと思う甘さ加減にしておくことでより美味しくいただくことができますので、ぜひお試しください。また、人参や玉ねぎを入れて煮立てると本格的な甘酢の味を再現できます。

2-3.鶏肉を揚げていく

鶏肉に小麦粉を満遍なく、ムラの無いようにつけます。この際にタマゴを付きやすくするために小麦粉をしっかりと叩いて落ちします。そして、小麦粉で覆われた鶏肉を溶いたタマゴで絡ませて油でゆっくり揚げていきます。油は少なめで焼き揚げるとカリッとした食感になるのでオススメです。

2-4.お肉はこんがりきつね色になるまで

お肉はこんがりと揚がるようにきつね色になるまで揚げます。中まで火が通るまでしっかりと揚げると美味しく食べることができます。ポイントとしては揚げすぎて茶色になりすぎないようにすることです。

2-5.甘酢に揚げたお肉を和えていく

揚がったお肉を南蛮酢につけて衣をしっとりとさせます。長くつけすぎると味がしみこみすぎて味が濃くなってしまうので気をつけましょう。

2-6.タルタルソースをかけて完成

最後に和え終わったお肉にタルタルソースをかけて完成です。甘酸っぱい味の効いたチキン南蛮がタルタルソースとよく合います。素材は”和”中心のものを使っていますが、ソースは”洋”、チキン南蛮は子どもが喜ぶこと間違いなしの料理です。

3.まとめ

いかがだったでしょうか。美味い!と言ってもらえるようなチキン南蛮の作り方をご紹介できましたでしょうか。今回の記事を読んで実際に美味しいチキン南蛮を食べてみたいと感じた方は、うどん屋「米ちゃん」のチキン南蛮をぜひご賞味ください。厳選された素材にこだわりの甘酢でみなさんに美味しいと言ってもらえるように自信を持って提供しております。また、通販での受付も行なっておりますので、ご家庭で食べてみたいと思いの方はよろしければお気軽にお申し付けくださいませ。